葉酸のとりかた

葉酸のとりかた

葉酸はその字から葉物の野菜に多く含まれている成分と思われがちですが、実はレバーやうなぎ、すじこ等、動物性の食品にも多く含まれています。
通常の食事でもかなりの量の摂取をすることができるので、あまり不足を気にする必要はない栄養素です。
葉酸16
また、焼き海苔や抹茶、納豆等にも多く含まれているので、通常の食生活からも十分取ることが出来ます。
野菜で多く含まれているのはえだまめ、モロヘイヤ、芽キャベツ等でブロッコリーやアスパラガス等の慣れ親しんだ野菜でも多く取ることが出来ます。
昔ながらの和食の朝食として、海苔とわかめの味噌汁、納豆、ご飯と漬物等を食べると沢山の葉酸を摂取することが出来ます。
ポテトチップスなどにも大量に含まれているのですが、カロリーが多いので摂り過ぎに気をつけなければなりません。葉酸を摂取する方法

 

葉酸は普通の食事から摂取する分には多く摂り過ぎても余分な分は尿から排出されるので、過剰摂取を気にする必要はありませんが、サプリなどから摂取するモノグルタミン酸の葉酸の場合には体調への悪影響が報告されており、上限がおよそ1日1000ミリグラムと設定されています。

 

葉酸サプリには様々な種類がありますが、1日の葉酸の摂取量は大抵400ミリグラムほどになっています。
一種類の葉酸サプリを飲んでいる場合は摂り過ぎを特に気にする必要はありませんが、何種類かのサプリを併用する場合、それぞれに葉酸が含まれている事がありますので、摂取量が過剰になり過ぎないように注意する必要があります。

 

葉酸サプリとして売っている物の多くは1日の摂取量が4粒程で、一気に飲んでも朝昼晩に分けて飲んでも問題無いとされている物が多いですが、通常の食事と同じように摂ることを考えると食事のたびに一粒ずつ摂取する方が自然かもしれません。
葉酸サプリは成分のせいか独特な匂いがするものが多いです。